学校法人 勿来中野学園 認定こども園 なこそ幼稚園

学園紹介introduction

小学生対象

小学生クラブ小学生クラブ

小学生は放課後に成長する!
~ 体験プログラムがますます充実!楽しいだけではない、魅力ある「育脳学童」! ~

《 育脳学童とは? 》

育脳(体験型プログラム)と学童(子ども達への安らぎの場の提供)の両方から子ども達をサポートして参ります。
●育脳…活動体験を通して、社会的知能をはじめとする様々な分野の知能を刺激し、発達させて脳の器を大きく育みます。
●学童…学校と家庭をつなぐ温かい場所としてお子様を安全にお預かりいたします。子ども達の放課後のシークレットベース(秘密基地)として子ども達へ癒しの場・安らぎの場を提供します。

小学生クラブ

「なこそ幼稚園小学生クラブ」4つの方針と目標「なこそ幼稚園小学生クラブ」4つの方針と目標

point 01
何にでも意欲的に挑戦する自己肯定感の強い子どもを育てます。
幼稚園でのつみき教育で培った「頑張ればできる!」という自信、「よくできました!」と褒められることによっての自己肯定感が更に大きく伸びていけるよう放課後の活動の中で引き続き指導していきます。
point 02
自己学習の習慣をしっかりと身に付けます。
下校後は宿題を毎日行い、自分で学習する習慣を身に付けます。
point 03
学童期に身に付けられる多様な知能を育てます。
特にこれからの子ども達に一番身に付けてほしいと考える知能は人間性知能(HQ)と言われています。
(主体性、創造性、コミュニケーション能力、リーダーシップなどが含まれます。)
このHQを育むため、3人以上での群れ遊び、異年齢での目標を持った活動を多く行います。
point 04
基本的生活習慣をしっかりと身に付けます。
同じ事を繰り返し指導し、小さなうちに身についた挨拶、身の回りの物の自己管理、お手伝い、ルールを守ることなど基本的生活習慣は人生の宝です。成長とともに乱れることが無いよう身に付けていけるよう指導していきます。

一日の活動内容・プログラム一日の活動内容・プログラム

  • 学習面

    学校の宿題や各自持参した学習課題を指導員のもとで行います。
    できるだけクラブ利用時間内で終わるようにサポートします。

  • 様々な活動

    季節ごとの行事に合わせた工作や遊びを取り入れて皆で楽しく活動しています。
    土曜日や夏休みには、園外活動やグループ活動を取り入れ、休校日ならではのダイナミックな活動を行います。

    例)勿来町探検ツアー・工場見学ツアー・デイキャンプ・オセロ大会・クッキング(おやつ・昼食)・映画鑑賞・水族館見学etc.

  • おやつ

    園舎内には給食室があり、おいしい、栄養豊富な安心安全の手作りおやつを提供しています。
    自分達でもおやつ作りを体験できるようにします。
    また、小学生クラブでいただくほかに、新園舎のランチルームでレストランの雰囲気を味わったりしましょう!

つみき・算数(小学生対象)つみき・算数(小学生対象)

小学生対象の課外「つみき教室」では、園児クラスで身につけた基礎的な能力を基に、空間・立体を認知する力、見通しを立てて考える力など、
日常生活の中でも必要とされる応用的な能力を大きく伸ばしていきます。
小学生でも、つみき教室(知能)と算数教室とでお子様の力を伸ばしてまいります。
分数や小数・面積・速さなど小学校高学年向けの問題や文章問題にも、つみきを使って取り組むことで、工夫して考える力が身に付いていきます。
また、応用的な文章問題にも対応できます。高学年になればなるほどこの成果はめきめきと現れてきます。

つみき教室

大切なのは「先取り」よりも「あと伸び」!
教育は、将来大きく羽ばたいていく子ども達の基本を作ることです。今、その瞬間に結果が出ることではなく、「あとに伸びる力」を培うことが目的です。
「あと伸び」を左右するカギは「自らすすんで取り組む姿勢」!その姿勢が目を出し始めるのは、今この時期と言われています。その時期の経験や遊び・学びの「質」がとても重要になります。

・知識を受け身的に詰め込まれるのではなく、主体的な「なぜ?」「どうして?」が生まれる活動
・「できた」を子ども達自身が実感しながら、自信につなげていく活動
・速さや答えの正確さだけを追求する「ドリル」ではなく、挑戦意欲やその子なりの発見が大切にされ、正解が一つだけではない、「工夫する力」を伸ばしていく活動

このような経験の積み重ねによる自信こそが、「自らすすんで取り組む姿勢」=「あと伸びの力」につながっていきます。
「つみき遊び」はこれらの経験や遊び・学びの「質」を保証する教育のかたちです。

小学生クラス(つみき教室)

小学生クラス小学生クラスでは、園児クラスで身につけた基礎的な能力を基に、空間・立体を認知する力、見通しを立てて考える力など、日常生活の中でも必要とされる応用的な能力を大きく伸ばしていきます。

算数教室

『かず』の分野は言葉と同様に私たちの生活の中に深く関わっています。
『かず』の理解には①イメージ力②計算力③論理性の3つの相互の働きが非常に重要となります。
特にイメージ力に関しては3歳から10歳頃までが一番伸びる時期とされ、その頃を境に論理的に物事を考えるようになってくると言われております。
読み・書き・計算だけの算数では、直感力やイメージ力が乏しくなってしまいます。
そして高学年になるにつれて、図形・分数・文章題など、イメージ力を必要とする問題が多くなってきます。
つみきの算数教室では、園児クラスで身に付けた土台となる能力を元に応用力を身に付けていきます。
答えは1つでも、考え方は複数あります。答えにたどりつくまでの柔軟な思考力を育てます。
分数や小数・面積・速さなど小学校高学年向けの問題や中学校受検につながる高度な文章問題にもつみきを使って取り組むことで工夫して考える力が身に付いていきます。

小学生クラス(算数教室)

小学生クラス(算数教室)小学生クラスでは、園児クラスで身に付けた土台となる能力を基に応用力を身に付けていきます。答えは一つでも、考え方は複数あります。答えにたどり着くまでの柔軟な思考力を育てます。

数検

算数検定グランプリ金賞を受賞しました!
< かず遊び・算数教室 >

なこそ幼稚園ジュニア教育センターは、数検での実績が認められ、算数検定協会より全国15000団体の中からトップレベルの団体にのみ贈られる「グランプリ奨励賞金賞」を団体として受賞しました。
たくさんの小学生や年長児の子ども達が多数受験し、小学校6年生で中学生相当の級に合格したことなども評価されての受賞となりました。

学校法人 勿来中野学園 認定こども園 なこそ幼稚園

〒979-0141
いわき市勿来町窪田伊賀屋敷 58番地の2

0246-64-7458

Now Loading...

Now Loading...